2007年10月30日

若犬『ピース』♂ 11/13更新

11月12日に1週間のお試し期間を経て、この度正式譲渡となりました。
名前は里親様の家族会議の結果「ピース」のままになりました。野良だったピースは現在室内にて可愛がって頂いています。



昨日、岐阜県内の某保健所より殺処分寸前を保護しました、小型犬雑種の男の子、ピース(仮名)。野良犬でした。
まだまだ人恋しい甘えん坊ですが、野良生活中に怖い事があったらしく物音に、近づく人にビビりまくりです。


某所にて今年初め頃、兄弟と放浪している姿を目撃されており、兄弟犬はその時、捕獲檻にかかりましたが幸せに出会いました。(目撃者によると当時まだ子犬だったようです)
ピースは捕獲檻には目もくれず逃げ回り、幸いにも心優しいご近所の方々から餌を貰い生き延びてきましたが、保健所に捕獲されてしまいました。
ご近所の方々は可愛がっておられましたが、飼ってあげる事ができず期限が切れてしまいました。

この保健所で「せめて最期の時を迎えるまで、人の温もりの中で過ごさせてあげたい」と毎日お世話をしている地元のボランティアさんからのSOSが入り、我が家で引き取り幸せ探しをする事になりました。
里子に出せそうな子達を何とか引き出したいと、日々奮闘されています。

◎医療面◎
昨日の夕方引き出したばかりでまだ何もチェックできていません。
フロントラインのみ実施済。
去勢は落ち着いたら実施する予定。


◎その他◎
今まで外で生活していた為、外飼いは可能だと思います。
ですが体重10kg程度の小柄な犬です。夜間、悪天候時は必ず室内に入れてあげてください。
現在は玄関の中、ケージにて飼育中です。
医療チェックが済み次第徐々に室内フリーにしていこうと思います。

こんなピースですが、もう一度生きるチャンスを、幸せを与えてくださる方を募集しています。



保健所内にて撮影
保健所にて

保健所内の様子。
保健所内
連休開けの為、保健所内にはピースと頑固な老犬、3匹の子猫、29日の朝迷い込んできた柴犬♂(現在保護留置中)の6匹だけでした。

所内ではビビりまくりで触ろうとすると犬舎の奥へ逃げていき、初めて見た私に触らせようとしなかったピース。
でも犬舎から出して抱き上げたら、所員さんもボランティアさんも驚いていました。
抱っこ
抱かれたのは初めてだそうです。

今朝のピース
ピース
新しい環境にビクビクしながら散歩にでかけました。
強く引く事はなく、新しい環境に慣れれば散歩は問題なしです。
※脱走防止の為に首輪と胴輪の両方を着けています。

背中の黒い模様、毛質はまるでシェパード犬です。
ピースA

ニックネーム 雷嵐 at 10:55| Comment(1) | TrackBack(0) | 幸せになった子達 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年10月09日

クリと犬

毎日18匹の先住動物達と遊ぶクリ。
クリを拒絶していた猫も、今ではクリを大切に可愛がってくれており、やんちゃに逞しく育っています。

クリ

我が家で1番大きい犬、カノン(30kg)とのツーショット。
クリ&カノン

自分を猫と思っていないのか、犬を自分と同じだと思っているのか…
クリ&カノンA
※注意! 犬は欠伸をしているだけです。

でもちゃんと猫とも仲良しハートたち(複数ハート)
クリ&すみれ


体重は1.6kg(10/3現在)
野良猫として生きる上で必要だった「人見知り」がありますが、そっと見守れば数週間〜1ヶ月で慣れ、可愛い姿を見せてくれるでしょう。
ニックネーム 雷嵐 at 23:26| Comment(0) | TrackBack(0) | 幸せになった子達 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする