2008年01月22日

茶トラ猫♂の「ちゃちゃ丸」  1/30更新

更新箇所は赤文字です。

20080115122926.jpg

◎特徴◎
仮名「ちゃちゃ丸」
淡い色の茶トラの男の子。永久歯が生えていますので生後5〜6ヶ月頃と思われます。
最初は多少警戒しますが、すぐ新しい環境に慣れスリスリしながら甘えてきます。
現在猫風邪治療の為にケージ内で飼育しています。(他の保護猫への感染防止の為隔離中です)
→風邪治療は終了し、隔離していた部屋を自由にしています。

◎保護経緯◎
ピースがいた保健所より、保護期間切れで処分対象となった為引き取りました。
人馴れしている為、飼い猫が産んだ仔猫と思われます。


◎医療面◎
保護直後血便をした為、検便は未実施です。(血で寄生虫の発見が出来ない為) 血便は間違いなく寄生虫が原因です。後日原因になった寄生虫を特定出来次第駆虫を開始します。
猫風邪治療済
血液検査未実施(近日実施予定)
耳ダニ駆虫中(順調です)
爪切り済(多少動いて抵抗しますが苦になるほどではありません)
2/11に去勢予定

※保健所に収容された時は疥癬感染がありました。当方で引き取る前に保健所の犬猫の世話をしている方に治療をしてもらいました。所々引っ掻き傷や脱毛の跡がありますがもう心配要らない程度です。


◎条件◎
譲渡条件はこちらをご覧ください。
ただし、ちゃちゃ丸は上記の医療面で明記したように耳ダニ、寄生虫の駆虫が必要です。当方にいる間に駆虫が終了できなかった場合は里親様に継続して頂く必要があります。(特に耳ダニ)
現段階では「要治療」である事をご理解ください。

※耳ダニ治療は至ってシンプルです。
耳掃除をして薬を入れるだけです。

◎その他◎
他の写真はこちらの預かり日記からご覧頂けます。

ニックネーム 雷嵐 at 20:33| Comment(2) | TrackBack(0) | 幸せになった子達 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年01月03日

黒猫♀のサレナ

2008-01-02T20_03_27-1.jpg

2008-01-02T20_05_16-1.jpg

綺羅の姉妹猫、黒猫のサレナです。

避妊手術、レボリューション、ノミ取り、シャンプーは済んでおり、猫エイズ・白血病(−)です。

綺羅同様、家猫として暮らす為に必要なこと(トイレトレーニング等)を教えてから、安住の地へ送り出したいと思います。


とても人慣れしておりますが、野良猫出身であることをご理解頂き、脱走防止を徹底して頂く必要があることも併せてご理解ください。(常に外へ逃げる道を探しています)

お問い合わせの際件名を「サレナについて」とし、簡単な自己紹介を添えてください。
また、里親希望の方は必ず『はじめに』をご確認・了承頂き、アンケートにお答えください。
自己紹介がない、悪戯と思われる内容の場合は一切返信致しません。
お問い合わせ等には数日以内に返信をしていますが、もし万が一1週間経っても返信がない場合は、再度お問い合わせ頂くか、コメントへ確認文を投稿してください。メールが迷惑メールフォルダに入ってしまっている可能性があります。


◎重要◎
『はじめに』に記載していますが、個人の収入のみで行う保護活動です。医療費などの諸経費の一部ご負担をご協力頂けるととても助かります。
ただしサレナについては、手術を始めとする医療面のチェックは現地ボランティア様が行っています。その為、ご協力頂いた一部費用は全額ボランティア様に寄贈致しますことを予めご了承ください。
現場には手術や血液検査の済んでいない猫がまだまだたくさんいます。その子達の医療費として寄贈させて頂きたいのです。



預かり日記も是非ご覧ください。

ニックネーム 雷嵐 at 18:18| Comment(0) | 幸せになった子達 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年01月01日

キジトラ猫♀の『綺羅』

前回の記事で紹介したキジトラの『綺羅』です。
キラC

名古屋市内の某公園に捨てられ、死と隣り合わせの野良猫生活を余儀なくされてきた猫の1匹です。仲間の猫は1匹、また1匹と交通事故で死亡しています。
現場の猫達に地道な餌付けを続け、少しでも不幸な命の連鎖を断ち切るべく資金を出し合い、触れる猫から去勢・避妊手術を施しているボランティアの方々からお預かりしました。

獣医師の診断によると7ヶ月前後であるとのことです。

避妊手術、レボリューション、ノミ取り、シャンプーは済んでおり、猫エイズ・白血病(−)です。

家猫として暮らす為に必要なこと(トイレトレーニング等)を教えてから、安住の地へ送り出したいと思います。


とても人慣れしており、自分から「触って」と寄ってくる程甘えん坊ですが、野良猫出身であることをご理解頂き、脱走防止を徹底して頂く必要があることも併せてご理解ください。(常に外へ逃げる道を探しています)

お問い合わせの際件名を「綺羅について」とし、簡単な自己紹介を添えてください。
また、里親希望の方は必ず『はじめに』をご確認・了承頂き、アンケートにお答えください。
自己紹介がない、悪戯と思われる内容の場合は一切返信致しません。
お問い合わせ等には数日以内に返信をしていますが、もし万が一1週間経っても返信がない場合は、再度お問い合わせ頂くか、コメントへ確認文を投稿してください。メールが迷惑メールフォルダに入ってしまっている可能性があります。


◎重要◎
『はじめに』に記載していますが、個人の収入のみで行う保護活動です。医療費などの諸経費の一部ご負担をご協力頂けるととても助かります。
ただし綺羅については、手術を始めとする医療面のチェックは現地ボランティア様が行っています。その為、ご協力頂いた一部費用は全額ボランティア様に寄贈致しますことを予めご了承ください。
現場には手術や血液検査の済んでいない猫がまだまだたくさんいます。その子達の医療費として寄贈させて頂きたいのです。



預かり日記にて他にも写真をご紹介致します。
是非ご覧ください。
http://raindoghouse.a-thera.jp/
ニックネーム 雷嵐 at 00:49| Comment(0) | TrackBack(0) | 幸せになった子達 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする